しばっこ龍のお話し。

管理人「まゆみ」と柴犬「龍」の毎日をお届けます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家の上半期。

いつも間にかカレンダーは7月。もう2009年も半分終わってしまって暑い夏を
むかえるのにブログの龍は笑顔で雪遊び・・・。


ほんと色んな事がありすぎた半年。


2月の終わりに母親が人工股関節を入れる手術を受ける為に入院。
今年のGWはおーちゃんかなり長いお休みがもらえるので念願の北海道への旅を
計画してたんでGWには母親も退院できてお出かけだぁ~~の予定が
GWには退院できないだろうって先生からの説明。


その時点でテンションもかなり下がってしまった・・・


そこに追い討ちをかけるように起こった実家の火事。3月8日。退院してきた母親が
暮らしやすいように去年の9月からリフォームをしてやっと綺麗になったうちだったのに。

実家は古い市場。自分の目の前でずっと住んでいたうちが燃えていくのを見るなんて
考えた事もなかった。。
夜の9時半頃に火が出て朝まで燃え続けた。明るくなった時には真っ黒になったうちと
疲れきった消防士さんの姿だけになってた。


ただ足の悪い母親がうちにいなかった事と父親がケガなく避難できた事が救いだった。


それから4ヶ月。規模が大きすぎる火災の後片付けはなかなか話しが進まずやっと
解体が始まった。


何も持って出れなかったうちは生活するにも1からそろえないといけない状態にもう
ウンザリの毎日で日に日に元気のなくなる父親の姿を見てると悲しいやら悔しいやら。


みんながかけてくれる言葉  「命があったんだから良かったよ。」

そう命があったんだからやり直せばいい。それは若ければの話し・・・。焼け出されたご近所さんも
うちの両親も若くない。

頑張って。  頑張れ。   もう十分、頑張ってきた。


みんなの姿を見てるとただただ悲しくなる。


でも生きて行くしかない。5月の末に母親も退院してきて父親の我が家での居候生活も終了。

70歳を前に始めて両親のマンション暮らしが始まった。


まだまだ続く我が家の上半期
スポンサーサイト
  1. 2009/07/01(水) 22:49:41|
  2. あたし

プロフィール

まゆみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。